ホットヨガスタジオの上手な選び方(東京)

東京で今話題のホットヨガをご存知ですか!?

 

ホットヨガとは、室温38〜39度、
湿度60〜65%の状態で行うヨガの事を言います。

 

 

この室温は人間の体の筋肉が一番柔かくなる温度で、
普通の温度より体を柔らかくすることができ、また怪我をしにくくなるそうです。

 

 

人気があるホットヨガスタジオ(クリック)

 

全国ホットヨガスタジオの最大手
関東を中心に北は北海道南は九州まで、
全国約90店舗あります。

 

ホットヨガスタジオの体験や場所、
料金の詳細は下記参照。

ホットヨガスタジオ(クリック)

 

 

何も運動していなかった人がいきなりヨガのような運動で筋肉を使うと、
筋繊維が切れたようになり、
翌日には全身筋肉痛になるのはよくある話ですが、
室温が高いと筋繊維は切れにくくなり、
筋肉痛などを引き起こしにくいのです。

 

 

ホットヨガの目的

 

湿度の60%程度は、気持ちよく汗をかくの適した湿度で、
人が快適に感じる湿度のギリギリの設定なのだそうです。
ホットヨガの目的のひとつは、汗をきれいにかくことにあります。

 

汗は体の老廃物を毛穴から体の外に出し、
新陳代謝を高める効果があります。

 

 

ホットヨガのメリット

 

汗を出すと疲れを癒して、ストレス軽減にもつながります。
電車でもオフィスでもエアコンで温度が低く設定され、
汗をかかない生活では、代謝が悪くなり健康にもよくありません。

 

 

ホットヨガのメリットはほかにもあります。
インドがルーツのホットヨガは呼吸法と体位でリラクゼーション効果が得られ、
ストレスにさらされた心と体をリラックスさせてくれます。

 

 

また、普段使わない筋肉をゆっくりと柔らかくほぐすことで、
首や肩こりなどの解消にもつながります。

 

ホットヨガは東京の自宅で習得するのは難しいので、
ホットヨガスタジオに通われるのをおすすめします。

 

東京には数多くのスタジオがあり、
初心者からていねいに教えてもらえます。

 

東京のホットヨガスタジオ(クリック)